面接時の逆質問で押さえておくべき重要なコト![Job Opening Construction]

それぞれ対策しよう

就活で避けて通ることはできない、面接ですがよく面談とは何が違うのか、どのような対策をしておくべきなのか迷ってしまうことが多いでしょう。そこで面接と面談の違いについて解説しました。これを参考に自分はまず何を準備する必要があるのか考えてみましょう。

面接と面談の違い

面接

面接は企業が応募者に対して質問し、人となりやその企業と合っているかなどを選考するものです。なので面接では一般的に企業側からの問に応募者が答える時間になります。

面談

面談は一般的に内定後に行われるもので、希望部署のヒアリングや応募者から相談したいことなどがあれば、企業側に相談する目的があります。面接との大きな違いは応募者から企業側に相談することを一つの目的としている点です。なので面接とは違い選考とは関係ありません。

面接

あらかじめ考えておく

面接する前に会社のホームページを閲覧したり、求人票をよく読んでおいたりしましょう。面接官からの質疑応答の最後に「何か聞いておきたいことはありますか」と聞かれることが多いです。そのため逆質問できるよう、質問内容を考えておきましょう。その会社に本気で入社したければ、なにかしらの質問は出てきます。まったくないとすれば、その会社に興味ないということです。ホームページ等で知りたいことを知れていたとしても、それでも1つくらいは考えておきましょう。

職場の人を知る

面接官はその会社の経営者だったり人事の方だったり、人事ではないけど配属先の上司になるのであろう方だったりします。その人たちの人となりを知ろうとしてください。どんな人が働いているのか把握することができれば、職場の人のレベルが分かります。例えば少し聞きづらい逆質問をします。「求人票に残業時間が月40時間と書かれてありますが、残業を減らそうとする取り組みは行われているでしょうか」もし面接官が嫌な顔をしたり何かを誤魔化そうとしたりするならば、それは良い会社だとは言えないでしょう。

調べておきましょう

面接時にどんな逆質問をすればいいのか分からない方は、ネットで「面接 逆質問」と検索し、他の人たちがどんな質問をしているのか知っておきましょう。そうすることで面接時に頭が真っ白になることが少なくなりますし、自分が応募先の何を知りたいと考えているのか、客観的に把握することができます。もし面接時に知りたいことが知れた場合、最後の質疑応答で「知りたいことをおっしゃってくださったので、特にありません」と答えたらよいでしょう。

質問することを恐れない

職場の面接を受けるのが初めてだったり、まだ回数が少なくて慣れない方だったりは、面接の最後に何を逆質問したらいいのか迷うことがあるでしょう。緊張していることもあれば、質問したことで面接官に自分の印象を悪くしたくないということもあります。しかし何も恐れることはありません。堂々と聞きたいことは聞きましょう。

広告募集中